スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

私たち結婚しました<ヨンソ>41

20110122 ys 41-1

20110122 ys 41-2



続きです。

ソヒョンの応対に、大満足のヨンとホッとしたソヒョン。
自然に手をつないで歩きます。
 はしゃぎすぎないで、とても落ち着いているヨン。
 多分、これがいつもの素の姿なのかも!?という気が?
 海についたらまたテンションあがってはしゃぐんですけどね!

お店で、かもめのえさになる「セウカン(かっぱえびせん)」を買って海岸へ。
地元なのにまだしたことがなかったらしく、
「カモメの餌付けがずっとやりたかった」というヨン。
そのわりに、
たくさんカモメが寄ってきたら、おびえて逃げまどうヨン;
 そういえば、彼は虫やエビなどもさわるのが苦手でした(^^;

カモメに驚いて、ソヒョンもえさも置いて逃げるヨン。
逃げまどうヨンに「男なのに、、」とスタジオは冷ややか^
あまりに走ったので、筋肉痛になったというソヒョン。

遊び疲れた夕方。
ヨンの提案で五六島「釜山のランドマーク幻のツアー」遊覧船に乗ることに。
手をつなぐのももう自然。

でも、
「オレとさつまいもが、おぼれたらどっちを助ける?」と聞いてみるヨン。
「もちろんさつまいもですよ」とふざけて??言うソヒョンに、がっかりヨーン^

スタジオのゲストはジョンヒョン。

寒いので、ソヒョンに自分のマフラーをまいてあげるヨン。
お互いに譲り合い、仲良く半分ずつまく2人。
そして、お互いの手をさすりあいます。
遊覧船観光も終え、日も暮れてきて、ソヒョンと腕を組むヨン^


「今日はなんかさみしいです。」と言い出すソヒョン。
ヨンが買ってくれた蝶のネックレスを、ソヒョンがしていてもしていなくても、
気づかないからすねているみたい。

「私は忘れられたと思いました。」
「ヨンはしてたら黙ってて、してなかったら怒りそうです。」とご立腹(笑)

「これからは大げさにほめます!」とびっくりヨン。

ソヒョンの膝をぽんぽんと、なだめるヨンがかわいい^
そして、ヨンの高校時代の親友たちに会うことに!

***

すっかり日も暮れた釜山。
小学校からの友達で、同じ町内で、誰より気が合うという友達を、
ソヒョンに紹介したかったというヨン。

仲間の名前は「トゥマックファミリー(トゥシル・マクドナルド・ファミリー)」
いつもマックで待ち合わせてたという仲間たち。

なんとその仲間に女性が1人いるとのこと!
「ただの気楽な友達だよ、女性と感じない。」と説明するヨン。

スタジオは、
「夫の女友達と会うということは、妻にとって仲がよくなるか悪くなるかどっちかね」と。

ヨンの仲間に女の子がいたのに驚いたというソヒョン。

女友達に、「おまえ、ソヒョンに優しくしろよ」と頼むヨン。

向かうは、梵魚寺のコーヒーハウスへ。
ヨンの男友達3人と女友達1人と夫婦の6人!
他の方は兵役にいっているみたい。

友達の前で、ソヒョンと腕を組んで見せびらかすヨンを、みな無視^

ヨンは友達に、
ソヒョンを本名のソ・ジュヒョンで紹介。

「どうだ、ソ・ジュヒョンを見て。」という自慢気なヨン。

 高校時代に学校を休んでまで、少女時代のコンサートを1列目で見たヨンなので、
 誇らしい気持ちがあるんだと思います^

夫の友達たちのことを「とても優しそうで純粋だ」というソヒョン。

スポンサーサイト
 |  41 釜山旅行3  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。